子宮体がんの検査受けた…

絵日記

通常運転のお豆腐メンタル

どうも、じゅんです。

昨日、生理の異常により婦人科を受診してきました。
流石にこんなことは今までなかったなっていう感じの周期の早さだったため、12月受診予定でしたが、念の為前倒しで受診してきました。

頭の中で、子宮体がんの検査とかするかもな~という考えはありました。
子宮がんは、子宮頸がんと子宮体がんがあります。一般的に子宮がん検診っていうと、頸がんの方です。
でも、こんな不正な出血とも言える感じでは、やはり子宮体がんも疑われちゃうだろうな~と思って、覚悟はしていきました。

なぜ、覚悟をするのかというと、子宮体がんの検査って、すごく痛いらしいんですよね。
頸がんは痛くないです。まぁ、下手くその先生がやると痛いらしいですが…。

で、まぁ、診察を受けたら、じゃぁ、子宮体がんの検査しましょうか(あっさり)って言われて、ですよね~ってなった。

あ~こわい~ってビビり倒して、内診台に登って、いざ…

内診台と先生はカーテンで区切られているので、目を合わすことはなく、私はそこまで気まずくはない。割り切れるっていうか。
でも、そこでいったい何がされているのかをみることは出来ないので、めちゃくちゃ不安なんですよね…。
自分の体の感覚で、何されてるかの予想をするしかなく…。

あ~こわい~こわい~と思ってたら、激痛!
痛いーーーー!!!
その後、体の内部をグリグリされる感じがして、それもまた痛くて、検査の痛みってこういうことだったのかーってなる。
痛みが一瞬ならまだましなんだけど、結構な長さで、痛みが来る。

あ~もうむり、いたい、気持ち悪い、吐きそう…。

痛みのショックで、たぶん血圧下がってたんだと思う。
痛いのを我慢するのは、まぁ、なんとかなったかもしれないけど、気分が悪くなって吐きそうになった。

看護師さんにもカーテン越しに心配されちゃった。

検査後も、お腹が痛くて、生理痛みたいな感じでしくしくずっと痛い。
覚悟はしてたけど、本当に痛くて、ショックすぎて、家に帰り着いて、よろよろ布団に倒れ込んで、心のなかでメソメソした。

マジでショックすぎて、精神的にやられてしまい、しばらく起き上がれなかった。
お豆腐メンタル。

なんだろ、痛みを我慢するとかじゃなくて、痛みによるショック状態になって、吐きそうになったりすることのほうがしんどかったな。あとメンタルが傷つくことと。

確かですが、子宮体がんの検査って、子宮の入り口をこじ開けるんですけど、そういうのが私はだめなんだと思う。
昔、流産をしたのですが、その時の手術の術前処置で、同じようなことをされましたが、血圧爆下がりして、気分悪くなって、意識が遠のいて見せて、周囲のお医者さんや看護師さんをかなりざわつかせたことがあります。あのとき、どう処置されたのかわからんけど、車椅子に乗せられたぞよ。

たぶん、そのぐらいショッキングなんだと思う…。

そんな痛みに弱くて、よく子供産んだね?って言われそうですが、うちの娘ちゃんは、へその緒が首に巻き付いてて、緊急帝王切開になったんです。帝王切開、痛かったけどな。術後が痛い。

今回子宮体がんの検査で、何もなかったらそれで安心だし、むしろそっちのほうがいい。ただの生理不順で、プレ更年期ってことで、安心できる。
ただ、生理がほんとに頻繁に来てて、とても困っているので、今回はとりあえず、ホルモン剤もらってきました。月に2回どころか3回生理が来そうな勢いだったのでね。それは異常でしかない。

ホントにもー、誰が悪いわけでもないのに、精神的にダメージ来て、ヨワヨワになっちゃう自分が情けないような、通常運転のような…。

とりあえず!がんじゃありませんように!!!

スポンサードリンク

ランキングに参加しました!下のバナーをクリックするとランキングが上がります。
応援クリックよろしくお願いします。

【同人誌出しました】

AmazonUnlimitedの方は無料です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました