気にしないようにしても気になっちゃう

絵日記

更年期という現実

どうも、じゅんです。

ある日突然左親指が痛くなり、すったもんだあって、左母指CM関節症と診断されました。
そして、丁度同時期に婦人科で毎年受けている子宮頸がん検診を受けました。今年は、いつも行ってる婦人科ではなく、近所に出来てた新しい婦人科で受けました。

そしたら、そこの先生が、何か気になることはありませんか?というので、まぁ、生理不順っぽいな、という話をしてみました。
じゃぁ血液検査しましょうっていわれ、採血。

がん検診の結果とともに結果を教えてくれました。
すると、卵巣の機能が低下している、と言われました。ここの数値は何を示していて~みたいな詳細な話もしてくれて、はいはいと聞いたものの、いまいちピンとこず(頭悪い)。
で、あ、もしかして、更年期的な話なのかな?とわかったので、ちょっとその先生に聞いてみたところ、年齢にしては少し早いです、と言われました。
とりあえず、経過観察となり、12月にもう一度受診です。

はい!血液検査的にも、更年期が近づいてきている予感!!!

でで、母指CM関節症って軟骨がすり減って手が変形していくらしいんですが、原因は加齢や女性ホルモンの低下などらしいです(ネット情報)。

点と点が結びつくよね!!!

母指CM関節症の方は、注射後、痛みは徐々に取れて、今は、動かしすぎると腫れぼったい感じがする程度になりました。

それで、ね?私、子供の頃ピアノを弾いていたんですが、子育てが一段落したら、もう一度弾こうと思っていたんですよね。
でも、この手じゃ、ピアノなんて弾けないんじゃないかなっていうことに気づいてしまって、軽く絶望したんですよね…

どうにか、変形が進まないようにする、ぐらいしか、私にはおもうかばなくて。整形の先生に言われたように、カルシウムとビタミンDを取るため、最近はサプリを飲んでいます。

ピアノ弾けないのかなぁと思うと、母指CM関節症のことで頭が一杯になり、ひいては更年期についても頭がいっぱいになった今日このごろ。

とりあえず、女性ホルモンとは?というところから勉強しようかな、と、図書館で本を予約しました。
症状に困ると、とりあえず、図書館で本を借りる、私です。

たまたま血液検査の結果がよくなかった説もあるらしく、それで12月に受診でもあるんですが、たぶんたまたまじゃないと思います。
婦人科の先生には、母指CM関節症の話はしなかったんですが、次回はしたほうがいいかもしれません。

更年期っていうと、母の友達が鬱になり苦しんだ、という話が印象的で、私もその時期になれば躁鬱の鬱が優位になるんだろう、こわいな、ぐらいには思ってたんですが、まさか関節に来るとは知らなんだ。
そういう出方?!っていう驚きしかない。

夫は、さんざん苦労したから、老化が早く進んだって言うw
可哀想に…って。

閉経とか、早く来たら、めんどくさくなくてラッキーぐらいに思ってたけど、早い閉経はそんなによくなさそう。でもなんでよくないか知らない。全く知識がない。
なので、上記の通り本を借りたわけです。

婦人科の先生が言ってたけど、確かにちと早い。しかも、よく聞く、なんとなく体の調子が悪い、みたいなのじゃなくて、ダイレクトに軟骨が減ってる。
いやいや、予想外。
12月に婦人科行って採血して検査するけど、その間のモヤモヤはどうしたらいいのか。本を読むぐらいしか出来ないな~。

スポンサードリンク

ランキングに参加しました!下のバナーをクリックするとランキングが上がります。
応援クリックよろしくお願いします。

【同人誌出しました】

AmazonUnlimitedの方は無料です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました